CONSUL

不動産コンサルティング

相続対策

大切な資産を皆様と同じ気持ちで守りたい、残したいという考えでフソウアルファは
コンサルティングに取り組んでいます。

ストーリー3 資産を次代に残して家族もハッピーに

資産を把握し、相続税の予想額を計算したうえで、節税のプランを提案します。
  • 生前から財産を評価し、対策を講じる事で、7,200万円節税できたTさん。
  • 野菜作りから賃貸事業に変えて相続税を1億円以上節税できたYさん
  • 古い賃家から収益のあるマンションに建て替え、収益が5倍になり資産を増やすことができたUさん
亡くなってからでも遅くはありません。申告の工夫により節税を生み出しています。
  • 賃宅地を利用区分ごとに測量して評価して1億円節税できたMさん
  • 鑑定評価と拡大地評価で9,400万円節税したDさん
  • 共有地を測量、分筆して3,300万円節税できたNさん
  • 評価減のため、あえて共有で相続して6,000万円節税したSさん
相続税納税の資金計画や売却等のお手伝いをしています。
  • 延納をやめて利息の安い銀行借入による資産計画を立て相続税を納税したSさん
  • 広い土地の一部を分割して売却し、その売却益で納税をしたGさん
  • 申告期限から3年以内に売却して譲渡税を節税したOさん

相続コーディネーターのトップランナーがサポートします。

フソウアルファ代表・曽根恵子と、相続専門のグループ会社「(株)夢相続」は、土地有効利用、相続対策に関する多数の書籍を執筆しています。詳しくは「夢相続の本」をご覧ください。

財産を残す相続の仕方を一緒に考え、実現してきました。

相続事例1 価値ある土地を残したHさん

相続のいきさつ

H家は酪農業で地主さんです。父親の相続税が気になり、顧問税理士に試算してもらったところ、12億5,000万円とのこと。空き地は全部売っても足りないので、自宅も切り売りする覚悟をしておくようにと言われました。その後、父親が亡くなったため相談に来られました。

相続コーディネート

申告  ・・・
12億5,000万円と予想された相続税を8億600万円として申告。4億円以上の節税を実現しました。
納税  ・・・
一部売却はしましたが、相続税の30%は銀行借入をして納税を済ませました。その返済資源として価値ある土地で一番に売却するようにと言われていた400坪の土地に事業ビル(テナント5区画1LDK、2LDKの賃貸マンション32世帯)を建て、賃貸収入で返済しています。
相続対象・・・
家業の酪農は後継者がいないこと、Hさん自身の相続対策が必要なことから、自宅と牛舎があった土地1900坪を有効利用することを提案。特優賃マンションの許可を取得し、3LDK73世帯の賃貸マンションを建設。収益を上げながらの相続対策が実現しました。

相続事例2 申告・納税に不安を感じていたNさん

相続のいきさつ

Nさんの夫は信託銀行で公正証書遺言を作成していましたが、不動産が親子の共有で、納税に困る内容となっていたため、納税ができるが不安になり相談に来られました。

相続コーディネート

申告  ・・・
所有地全部を測量、土地利用区分測量図を作成し、利用単位毎に評価して節税をを実現してました。
納税  ・・・
税ができ、かつ配偶者の税額軽減を利用できる分け方にし、土地を売却して、納税ができました。遺言は使えませんでした。
相続対象・・・
広い自宅を建てかえ、共同住宅を併設しました。相続税や固定資産税の節税が実現しています。

相続事例3 自宅の敷地を守りたいIさん

相続のいきさつ

Iさんの父親は、12代続く家柄で広い土地を所有する地主さんです。父親が亡くなった時、負債が無く節税対策はなされておりませんでした。相続税がかなりの額になれば、自宅の敷地も切り売りしなければならないと不安を抱えていらっしゃいました。

相続コーディネート

申告  ・・・
利用単位毎に評価を行い減額を図ると共に、配偶者の税額軽減を最大限利用したことで、当初試算した納税額より30%減額できました。
納税  ・・・
利用してない宅地は維持管理も大変なので、その土地を売却して納税することにしました。
相続対象・・・
二次相続対策のため、母親には計画的に有効利用できる土地を相続するようにし、その土地に賃貸マンションを建設しました。さらに今後、賃貸収入が増えると所得税も増え、さらに現金が貯まっていくと相続財産になり、課税対象となります。所得税対等のために賃貸管理の法人を設立し、収入を分散して節税しています。
お問い合わせはこちら

  • 2017年度 採用情報
  • 株式会社フソウアルファ 会社概要

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。